キリスト教にまつわるディナー

キリスト教には食のタブーがほとんどありません。信仰する民族・国家が幅広いため、キリスト教全体で統一的に禁止している事項はなく、基本的に信者は個人の好みに合わせて自由に食事をしています。

そのため他の宗教に比べると特別な対応をする必要がなく、日本の飲食店でも普段どおりのメニュー・接客でもてなすことができる場合が多いといえるでしょう。

一方で、肉類やアルコール、カフェイン入りの飲み物を禁止する宗派も存在します。少数派ではありますが、念のため事前に確認しておくと安心です。

またローマ・カトリック教会や東方正教会には断食や食事制限(主に肉類・アルコール類など)を一時的におこなう習慣があります。時期によっては食事への配慮が必要になる点も、念のため覚えておくとよいでしょう。

えにかいたもち 札幌

コメント

タイトルとURLをコピーしました